リフレクソロジー・中国足心道・リフレパシー整体

施術手順

文字サイズ:

足は人間の身体の中心であるという理論に基づいた反射区療法

施術の流れをご説明します,施術メニューによって多少変わる場合がございます

飯倉治療院リフレクソロジーご利用、施術の流れ

お電話でご予約ください。身体の症状もお気軽にご相談ください。

初見のお客様は「ご相談受け付けカード」のご記入をお願いいたします。

治療中はリラックスした気持ちで施術を受けていただきます。

施術は椅子座って頂き、まず左足を療術師の膝に乗せて行ないます。

病院などではベットに横になった状態で施術いたします。

施術①~④
①体調やご希望をお聞きいたします。
足 をタオルで拭いていただきます。

足心道反射区施術
人体の持つ「予備能力」「再生能力」「復元能力」を最大限発揮できるよう、足にある反射区62ヶ所を素手でもみます。

③②の後、有痛反応のあった反射区を含め、重点反射区を文字通りの狙い撃ちで再度施術し治療します。

施術は症状によって長くなりますが、追加料金は頂きません。

④施術終了後は「さ湯」をお飲になることをお勧めします。

注 意
施術中に血行が良くなり体が温まり、精神的にもリラックスできますので「眠気」をもよおす事がありますが。施術中に眠りますと神経に作用させる効果が薄れますので眠らないようにご注意ください。

基本回数は8回です(但し、症状によります)
基本回数施術中は、基本4~7日の間隔で施術を受けて下さい。
8回までは間隔が10日間以上開かないようにして下さい。
妊娠を希望される方は必ずこの間隔を守ってください。

症状によりますが、8回終了後は2週間に1回~1ヶ月に1回と
間隔を開いていきます。

回復後は月に1回の施術で体のメンテナンスをおすすめいたします。


中国足心道反射区手技療法もご覧ください。
お問い合わせはこちらから。 
お問合せ
戻る


中国足心道飯 伝統医学手技法 明仁館
千葉県匝瑳市飯倉328メゾン土屋103号室
電話080-2207-0888

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional