リフレクソロジー・中国足心道・リフレパシー整体

トリガーポイントとは

トリガーポイントとは

トリガーポイントについてトリガーポイント理論はアメリカのDr travellとDr simonsの共著「トリガーポイントマニュアル」によってその全容が明らかにされました。

トラベル博士はかのジョン.F.ケネディの主治医として有名でした。ケネディ大統領の弟ロバート、ケネディは「兄の生涯の半分は肉体的苦痛との戦いであった」と言っているようにケネディ大統領は日常生活もままならいほどの腰痛と背中の痛みに苦しみられていたと言われています。しかしDr travell との出会いにより回復へ向かい政治活動を再開できたのです。

お陰で大統領まで登り詰める事ができました。
ケネディは大統領になってからもDr travellを深く信頼し私設の主治医としてホワイトハウスへ招き入れて、様々な健康上のアドバイスをうけていたそうです。

一方のDr simonsは空軍の医官としてキャリアのスタートを切っています。
旧ソ連との宇宙開発競争時代、彼の能力は高く評価され、また期待を裏切る事なくおおくの実績を挙げたようです。この二人が出会い、Dr travellの研究の膨大なデータ引っ張りだし比較検証しながら曖昧なものを排除し、信頼のおける資料としていったのがDr simonsでした。

刊行は1983年 Dr travell 82歳、Drsimonsが62歳の時「トリガーポイントマニュアル」が初めて世にでました。それ以降も絶え間なく研究され、より完成度の高いものになっています。

戻る


『足の反射区 トリガーポイント療法』明仁堂
千葉県匝瑳市飯倉328メゾン土屋103号室
電話080-2207-0888

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional