リフレクソロジー・中国足心道・リフレパシー整体

お腹の施術・按腹とは

お腹の施術・按腹とは

按腹は古来より難病に著効ありとして行われてきた日本独自の手技療法です。

平安時代には「はらとり」の名で広く延命長寿の法として知られていました日本人の感性によって生み出されそして培われてきた按腹ですが現在その伝承者は少なく受領できる機会が減ったのは残念としか言いようがありません。

しかし僭越ながら今ここに手技の最高峰といわれるその按腹をご紹介できるのはまことに光栄の至りです。
是非体感していただきたいと思います。

効能効果

一、内臓の浮腫みを取り様々な内臓由来の疾病予防になる。
二、腸内環境を整え免疫力を向上させる。
三、自律神経を安定させストレスの解消緩和に役立つ。
四、腰痛に抜群の効果がある。
五、その他、他の方法では効果の出にくい難病奇病によく効く。

体の不調で悩んでいるなら、中国足心道飯倉治療院に
是非ご相談(無料)ください。

戻る


『足の反射区 トリガーポイント療法』明仁堂
千葉県匝瑳市飯倉328メゾン土屋103号室
電話080-2207-0888

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional